星の記憶をクリーニング☆

星の流れを見ながら、ホオポノポノを実践しています。

9月17日・星の記憶クリーニング

朝方4時5分頃に乙女座、うお座ラインで満月。

月食です。

 

サビアンは、乙女座25度「半旗として掲げられた旗」

魚座25度「聖職の浄化」

というお片付け度数です。

半旗として掲げられた旗というのは、引き際の準備。

聖職の浄化は、身辺整理。

この乙女座とうお座ラインは、現実と精神世界のバランスを整えるような度数です。太陽は、そろそろてんびん座に抜けるので、社会とどうかかわるかという準備に入ってます。ここしばらくは、自分の内側に入っていたところですが、だんだんとその作業に没入することを収束させていく感じ。もちろん、その作業は日常で続けるのですが、外側ともバランスを取っていく準備です。

 

私も、内側にガーッと入っていくと、外側が疎かになるというか、面倒くさくなります。そんな時間もありですが、長く続けるとバランスが悪くなると言うか、体調が悪くなったり、心の在り様も偏ってきます。

簡単に言うと、「浸ってる」というモードになっちゃうのです。自分で好きで泥沼に入ってる感じ(笑)。しかし、自覚は無い。

自分で何かできるとカンチガイしてるのです。

 

このおとめ座うお座ライン満月に、今回はいて座の火星が90度でツッコミを入れてくれてます。

射手座24度「家のドアにとまっている青い鳥」。

青い鳥は、幸福の象徴ですが、家(私)の外側に止まっています。ドアを開けばいいだけですよ!というツッコミ。

人に心を開くことで、見えてなかったものが見えてくるかもしれないよ!という愛のツッコミですね。

 

結局、外にいる人というのも自分の一側面なわけなので、そこに心を開くと言うのは、見えてなかった自分との対話ということです。

 

また、今回は、月に傷を癒す星キロンが合なので、心の傷を癒し、今ある扉を閉めて、新しい扉を開く(秋分の日からの流れ)みたいな満月になりそうです。

 

クリーニングします。ありがとう。愛しています。

 

f:id:hoshi-pono:20160917100447p:plain