星の記憶をクリーニング☆

星の流れを見ながら、ホオポノポノを実践しています。

9月3日・星の記憶クリーニング

この日は、てんびん座の月。

先にてんびん座入りしていた金星と合。金星は、てんびん座にいると居心地がいいです。美意識が高まったり、ちょっと贅沢したくなるかも。おとめ座に天体が集まっていた時は、堅実で地道な感じでしたが(今もその傾向は続いてますが)、少し抜け感が出始める日です。

 

9日には、拡大の天体木星もてんびん座に移るので、ますます、世の中の空気が入れ替わる気がしますが、その気配がすでに感じられてくるのかもしれません。

 

しかし、おとめ座の太陽は、冥王星の支援を受けつつ、土星火星からは矛盾点を付かれ、海王星はぼやーんと世界の見え方を揺らがせています。おとめ座という現実的な場所が、大いなる流れに乗っていることは、私たちの認識できる世界と潜在意識の世界の境界線を崩していく流れなのかなと思います。

 

ここまでだと思っていたこと。今まではこうだったから、結論はこうなるときまってると思っていること。もしくは、今までの視点では敵にしか思えなかった人が、実は協力者だったなど。

水星逆行も手伝っているので、そういう内側の変化に気づくことができる時期だと思います。

 

また、一つ一つ細かな計画を立てていくよりも、今は流れに乗っていくことを試せる時期なのかもしれないです。クリーニングをして、乗ってみて、またクリーニングする。ただそれだけなんだと実感できるかも。

 

クリーニングを続けていく中で、こういうことはたまにあってハッとしますが、そんなことが起きやすい季節になっているのかもしれません。

 

太陽は、おとめ座12度「ベールを外された花嫁」。

未知なるものをどこまでも追究する度数です。

 

クリーニングします。ありがとう。愛しています。

 

f:id:hoshi-pono:20160902205743p:plain