星の記憶をクリーニング☆

星の流れを見ながら、ホオポノポノを実践しています。

9月15日・星の記憶クリーニング

この日は、うお座の月に入る。

海王星、キロン、月がうお座にあり、太陽と向かい合っている。

満月への準備日。

 

太陽は、おとめ座23度「動物のトレーナー」。

自分の中の本能を飼いならすと言うか。そういう日。

「やりたいようにやればいい」などという言葉は、おとめ座前半にはちょっとビビってしまうのですよね。慎重というか、衝動的なものが苦手。それを一回打破して、自分らしさを再発見して、今度はそれをコントロールできるようになるということです。そうすると、おとめ座らしさがまた生きてきます。オンとオフを使い分けるとか、TPOをわきまえて、でもやりたいことはちゃんとやるみたいな。

 

クリーニングします。ありがとう。愛しています。

 

f:id:hoshi-pono:20160915162417p:plain

9月14日・星の記憶クリーニング

今日は、みずがめ座の月の中盤。

てんびん座の金星と120度。

 

太陽を取り巻くアスペクトは、冥王星海王星という遠い星で、大きな意味での変革や広がりを見せている。圧倒的な威力というか、それに抗えない感じ。囚われてしまって、身動き取れないと受け取るか、その抗えなさに敢えて乗って、「自分」というパーツをどう楽しんでいくかとなるか。

 

一方で、月と金星は、軽やかな感じ。公平性、多くの人との軽い繋がり。

 

やぎ座冥王星は、ヒエラルキーを良くも悪くも壊していくのだと思うのだけれど、今年は、てんびん座木星があるので、横のつながりが拡大していく感じ。おとめ座木星はピラミッド構造に従順だった感じだけれど、「それ、かっこ悪くない?」みたいな空気に代わる気がする。

 

太陽は、おとめ座22度「王家の紋章」。

自分のイメージを選定する度数です。私ってこんなブランドよ~!みたいな。

 

クリーニングします。ありがとう。愛しています。

 

f:id:hoshi-pono:20160914115109p:plain

9月13日・星の記憶クリーニング

この日は、みずがめ座の月。

ストンとつまりが取れたような。

木星と120度。

土(おとめ座)水(うお座)火(射手座)のTスクエアから、一歩抜け出した気楽さ。

 

太陽は、おとめ座21度「少女のバスケットボールチーム」の度数。

高度な目標に向かって連携して努力する度数です。

 

クリーニングします。ありがとう。愛しています。

 

f:id:hoshi-pono:20160913093409p:plain

9月12日・星の記憶クリーニング

この日は、やぎ座の月。

乙女座の太陽、水星と120度。うお座のキロンと60度。

ガチガチに固まっていた気持ちがほぐれるようなイメージ。

こんなところが、凝っていたのね!と癒せる。

牡羊座天王星と90度。社会的ステータスみたいなものを求めていたのだとしたら、「ホントにそれ必要?」とパコンと抜いてくれそう。

 

太陽は、おとめ座20度。「キャラバン車」

自分と同じ夢を見る仲間と協力していく度数です。

自分と向き合い、それを極めて、一度ぶち壊し、深層意識と向き合って、自分と異質なものを取り入れる。そこから認識できるようになった自分の夢を他者と協調して達成していく。おとめ座は一見地道でおとなしいサインに見えますが、この内的変化たるやすごいものですね。

牡羊座から始まった自分誕生ストーリーは、一度おとめ座で区切りをつけて、てんびん座からは社会と関わっていくストーリーになります。秋分の日は、おとめ座からてんびん座に切り替わるタイミングですが、この切り替わりは占星術的に言うととても大きい変化なのですね。

 

クリーニングします。ありがとう。愛しています。

f:id:hoshi-pono:20160912095443p:plain

9月11日・星の記憶クリーニング

この日は、やぎ座の月。

月というのは、普段着の自分みたいな感じ。太陽は、外出着の自分。

やぎ座はとても常識的で、抑圧的であろうとするので、家の中で制服を着てる感じの日ですかね。

 

しかし、うお座海王星が月が60度なので、ガチガチではなく、遊びがあるというか。ちょっと酔っぱらった感じの人に話しかけられて、ほぐれちゃう感じもあります。

 

木星はてんびん座に入ったばかりで、勢いもありますし、今日はまじめモードかなというところに、全体的にこちょこちょとくすぐられる感じのイメージです。

 

太陽は、おとめ座19度「水泳競争」。

人々の心理的駆け引きに興味を持つ度数です。

 

クリーニングします。ありがとう。愛しています。

 

f:id:hoshi-pono:20160910210419p:plain

9月10日・星の記憶クリーニング

この日は、いて座の月の後半。

牡羊座天王星と120度。何かを変えたいと言う気持ち。

 

先日の記事に書いたように、おとめ座は後半に入り、おとめ座と対極のものを受け入れようとしています。おとめ座が本来の理性的で恒常的資質を目指すということは、その対極にある「感情的なもの」「変わっていくもの」とはどんなものなのかを知らなければ完成されません。おとめ座はとても潔癖な場所ですが、ただひたすら自分と異質なものを排除するようなことが行き過ぎると近視感的になり、窮屈になります。これは、おとめ座の人の話ではなくて、誰もが持っている一面であり、それをクリーニングするチャンスです。

 

木星がてんびん座入りしました。

金星も入っているてんびん座なので、空気の軽やかさや身軽感を感じるかもしれません。ぎゅっと結ばれていたものがほどける感じ。

社交性がアップするとき。

 

金星は、海王星と150度。妄想に注意。うお座海王星はどこまでも広がるので、意識的に切る(クリーニング)こと。

 

太陽は、おとめ座18度「ウィジャ盤

西洋版のこっくりさんボードだそうです。神の声を聴くみたいな日なのかな。クリーニングして、ディヴィニティの声がキャッチしやすいかな?

 

 

クリーニングします。ありがとう。愛しています。

 

f:id:hoshi-pono:20160910094610p:plain

 

 

9月9日・星の記憶クリーニング

この日は、いて座の月の中頃。

ちょうど、火星と土星に挟まれるような形。

理想を追求する闘う男と、頑固老人の間に子供がちょこんと座ってるイメージ。無邪気に「これはどうなの?」とか質問したりして、熱くなってる二人をハッとさせるみたいな。

 

また、おとめ座太陽と90度なので、「もっとちゃんとせい」と言ってくる太陽に、「のびのびしていればいいのだ」と守ってもらえてる月という感じも…(笑)。窮屈そうなアスペクトですけど、私は意外な遊びがあるように見えます。

 

この日の20時19分に木星はてんびん座入りします。今まで深めていた自分との関係を他者へ開いていく星周り。

 

星を見ていくと、改めて【善悪】というものは宇宙には無いのだなと気づかされます。星は淡々と時を刻み、宇宙は刻々と形を変えているだけ。私たちは、宇宙の一部でしかない。宇宙全体パズルのひとかけら。

 

太陽は、乙女座17度。「噴火している火山」

抑えていた衝動がパコンとはずれる度数です。

乙女座は、とても理性的で秩序立てきれいであろうとする星。15度まででそれが極まりました。後半に入り、真逆のうお座的要素(無秩序、潜在意識的)が介入し、乙女座的律義さが一旦壊れます。そこから、また裏表含めた包括的なおとめ座を後半で完成させていきます。

 

クリーニングします。ありがとう。愛しています。

 

f:id:hoshi-pono:20160909100158p:plain